窓の外に立てかけるだけで涼しい、エアコンだって効率UP!風通しも抜群な「洋風たてす」で夏を乗り切ろう

今年も梅雨シーズンが始まり、蒸し暑い季節がやってきました。

  • 梅雨シーズン
    エアコンを使うほどでも無いんだけど、窓を開けても暑い…
  • 夏本番
    エアコンの電気代が馬鹿にならない…

そんなお悩みには「洋風たてす」をお勧めします!

暑さ対策に大事なこと

暑い季節を快適に過ごすには、第一に日光で部屋が熱せられるを軽減すること。
それに加えエアコンを使わないときは、風通しを良くすることが大切です。
そのために最適なのが「洋風たてす」なのです!

似たようなものだと・・・

他にもこのような暑さ対策を行うものとして 「レースカーテン」「すだれ」「日よけシェード」「葦簀(よしず)」などがあります。
それぞれの長所・短所を比較してみましょう。

レースカーテン

風通し 設置のしやすさ 収納性

もっとも身近なのはこのレースカーテンかもしれません。
カーテンレールに付けるだけで手軽さも抜群です。
しかしながらレースとは言えど、どうしても窓をふさぐ形になってしまいます。
そのため、風通しの良さが犠牲になってしまいます。

すだれ

風通し 設置のしやすさ 収納性

カーテンに比べると、設置できるかどうか場所を選びます。
一軒家などではよいですが、集合住宅では物件によってはうまく設置できない可能性があります。
またカーテンんと同様に、窓をふさぐように設置してしまうと風通しが悪くなります。

日よけシェード

風通し 設置のしやすさ 収納性

テントのような形で、ロープで日よけ(シェード)を張るものです。
風通しは良いものの、設置場所を選びます。
これも持ち家ではフック等を窓枠に設置することができますが、 賃貸等では窓サッシに傷等がつく恐れもあります。

よしず

風通し 設置のしやすさ 収納性

立てかけるだけですので、設置は簡単、風通しも良いです。
一方、使わない時期(春秋冬)の収納性は悪く、丸めて屋外に置いておくと 虫の寝床と化す可能性もあります。
自家用車で普通車に乗っている場合は良いですが、 首都圏で自家用車がなかったり、軽自動車に乗っている場合などは 引っ越しや廃棄時のことも事前に考慮しておく必要があります。

洋風たてす

風通し 設置のしやすさ 収納性

日よけシェードにポールを入れ、よしずのように立てかけるようにしたものです。
シェードとよしずのそれぞれの短所をカバーされています。
設置は立てかけるだけ、風通しも良く、使わない時期はポールを抜いて 折りたたんでしまっておくことができます!

お勧めの洋風たてす